簡単で栄養満点!お好み焼き【ホットケーキを作る要領でOK】

【材料】
①キャベツ、ネギ、ニラなど火が通りやすそうな野菜を好きなだけ(二人分ならキャベツはだいたい5枚くらい入れています)
②豚肉(こま切れ肉が使いやすいです)、イカやエビなどのシーフード(冷凍食品のもので十分!冷凍のものを使う場合は解凍を忘れずに)
③お好み焼き粉200g程度
④卵1~2個と水(適量)
⑤ソース

天かす、マヨネーズ、青のりなど用意してもいいと思います。(こちらはお好みで)
お好み焼き屋さんではたまにチーズとかおもちなども入っていたりしますね。
お餅は切るのに時間がかかるのであんまりやりませんが、チーズはピザ用チーズを買ってきて入れてもいいと思います。
キムチが好きな人はキムチを入れてみてもおいしいと思います。

【作り方】
①野菜を洗って、ザクザクと食べやすい大きさに切ります。キャベツは芯を取るのを忘れずに…!

②卵をボウルに割って混ぜたらお好み焼き粉を入れて、粉が見えなくなるまで混ぜます。
そのあと切った野菜を入れます。
野菜とお好み焼きの生地がからんでいるならいいのですが、
野菜が多くて生地が足りないように感じたら卵をもう一個入れたり(卵がない場合は水)、
お好み焼き粉を少し足したりしたりしながら野菜とお好み焼きの生地がからむようにしてまぜます。

③フライパンをよくあたため、油をしきます(油をしくタイミングはフライパンから煙が出てくる程度。
テフロンのフライパンは油が滑らかにフライパンの上を滑るようになったら)豚肉やシーフードを入れます。

④③の具の上に、おたまですくった生地をのせます。
フライパンいっぱいに生地をのせるとひっくり返すときに大変なので、フライ返しが入るくらいの隙間は開けておいてください。

⑤蓋をして中~弱火にして2分程度待ちます。
(ホットケーキではよくブツブツが表面に見えてきたらひっくり返すといわれていますが、
お好み焼きも外側が固まってきたかな…と思ったときにひっくりかえすのがいいです。)
なお、火力が少なすぎるなと思ったときや火力が多すぎると思ったときは適度に調節をしてください。

⑥フライ返しを下に入れても、生地がどろりとしてこなかったらひっくり返してもいいタイミングです。ひっくり返しましょう!

⑦ひっくり返したらまた2分程度待ちます。火力は弱火でいいですが、様子を見てみて火が通らなそうだったらもう少し火力をあげてください。

⑧生地に十分火が入ったら皿にうつして完成です。

⑨トッピングはソース一択でもいいですし、ソースとマヨネーズのコラボレーションもおいしいです。

【補足】
チーズをお好み焼きに入れたい場合はピザ用チーズを生地を作るときに野菜と一緒に入れてもいいです。
生地の中に入れたくない場合は、お好み焼きが出来上がった後にピザ用チーズをお好み焼きの上にのせてレンジに1分程度(チーズがとけるまで)入れていてもおいしいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加