ファイナルファンタジー14は楽しい

ファイナルファンタジー14はスクウェアエニックスの誇る老舗RPGタイトルのオンラインゲームです。
FFシリーズとしては2作目のオンライン専用ゲームとしてサービスを提供されています。
開発当初テスター募集で参加した時は面白味が分からなかったゲームでした。

スポンサードリンク



このゲームは旧と新の2種類が存在していて、当時旧版のFF14は製品としての水準に達していないという結論に至りサービスを終了する事になってしまいました。
その後改善に改善を重ね、新生FF14とした新たなサービスを始める事になるのですが、物語上でもちゃんとリンクしています。
世界の危機が起こりそれを主人公達が救うというテーマでサービス終了を迎えます。
新生版ではその後の世界が描かれており、旧版で登場したキャラクターも登場し、旧版を知らなくてもストーリーを補完出来るようになってます。
ゲーム自体はややアクション要素の強い物となっていますが、後続のプレイヤーでも簡単に先行プレイヤーに追いつけるようなシステムになっていますし
先行プレイヤーにとっても後続のプレイヤーと一緒に攻略する事がプラスに働く場面が多いので人が集まりにくいという事はあまりありません。

スポンサードリンク



物語はクエストという御遣い要素ですが順番にこなしていけばストーリーが進むように出来ていますし、次何をするべきかも画面に表示されるので
何をしたらいいか迷う事はほぼほぼありません。
モンスターと戦う以外の要素としてモノを造るクラフターと素材を集めるギャザラーという職種があるので戦闘ばかりはちょっと、という人でも楽しめるようになってます。
これらの製作活動を使って最終的に家を作る事が可能となっており、実際に土地の権利書を購入してそこに自分好みの家を建てるという楽しみ方も出来てしまいます。
FFファンにとってうれしい要素の一つに過去作品へのオマージュが多数ちりばめられている点も見逃せません。
BGMは勿論の事、キャラクターやダンジョン等で過去作品が元ネタのモノがいくつか登場します。
主な所ですと3のクリスタルタワー、5のギルガメッシュ、6のコロシアム、三闘神といった所ですね。
他の作品とも積極的にコラボしていて、FF11、DQ10等とのコラボイベントも行われていました。
他社でいえばレベルファイブとのコラボで妖怪ウォッチのイベントもやったりして、賛否両論ありましたがそれなりに楽しめた要素です。
オンラインゲームなので季節感があるのも魅力の一つでクリスマスになればクリスマス限定のイベントを行ったり、正月には正月のイベントをやっていて
ゲーム内だけで様々なイベント疑似体験する事が可能なのも見逃せません。
2017年に新しい拡張ディスクの発売も予定されているので、今プレイするにはもってこいのゲームだと思います。

スポンサードリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。