デニムを使った無難なおしゃれ

センスがないと自負している人は、まず無理におしゃれをしない!ことが一番だと思います。
センスがない人はおそらく頑張って選んでみたところでセンスですから、おしゃれレになるはずがありません。
たまに見かけますよね、頑張って柄と柄が邪魔し合って凄い組み合わせになってしまい直視できない状態になってしまった人を…完全にダサイですよね。

スポンサードリンク



おしゃれに興味がなければなおさらですが、無理せず、無難に、ダサくならない服選びなら簡単にクリアできるとおもいます。
最近ではデニムはどの場面でも着ることができる時代ですから、デートにも、買い物にもOK。
そこを利用してズボンは綺麗めデニムの渋めの濃い色を選びます。
濃い色の方が清潔感もあるし、ある程度の色々な場面にも適応できます。

スポンサードリンク



次に上の服装が心配になってくると思いますが、柄や模様があるものは避ければ問題ありません。
この季節なら無地のセーターをスッポリ被ってしまえば間違えることもなく無難に上下をあわせることができます。
色は無地なら自分の好きな色をきても大丈夫です、心配ならクリーム色系か紺系色がいいでしょう。
見落としがちな靴下もコディーネートに合っていないとダサさが目立つので、ここで靴下に柄や模様入りを選んでも無難でいい感じになるかとおもいます。
デニム素材を使うことでダサイ感じが無くなり、上の服のコーディネートで何にでも、何処にでも行けるスタイルが出来ると思うので無難中の無難だと思います。
上のシャツもボタン付きのデニム素材を1つ持っておくと、デニムパンツ以外のパンツスタイルならどれでも合いやすいのでおすすめです。
靴は、無難におしゃれな革靴を持っておくと無難にどんな感じの服装とでも合うの便利ですね。
仕上げはデニムを引き締めることも考えてジャケットを用意しておけば心配無用です。
ジャケットなら、違うスタイルでも大体合いますし、イメージもスキッとひきしめることができますので是非ご用意下さい。
綺麗目の渋めの濃い色デニム、ズボンとシャツを1づつ用意をしておけば、無難にどんなスタイル、カラーでも合いやすいので失敗が少なくてすみます。
小物を着用した時も、カバン、帽子、ネックレスを付けたところで柄や模様を避けることによって心配なく付けることができます。
上下の服カラーは常に合わせやすい色を選んでおけば、小物類がカラフルで間違ってしまった場合でもおしゃれな、無難な感じにまとめることができるので無地の無難カラーを心がけていれば簡単に洋服選びが出来るのではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加