便利と言うよりも必須!? Google マップ

Google マップはiOS、アンドロイド双方で提供されているおそらく世界で最もメジャーな地図アプリですが、このアプリをビジネスや生活に活かすかどうかで、便利さが確実に違ってくると断言できます。
もっともスタンダードな使用方法は、単純に地図を開くことではないでしょうか? リアルタイムで現在地を知ることができるため、道がわからず迷子になる事が激減します。

スポンサードリンク



さらに目的地の住所が分かるのであれば、直接入力することによって、目的地のナビゲーションシステムも標準搭載。すなわちカーナビの機能がGoogle マップには組み込まれているのです。これは事実上、カーナビを新たに購入する必要が無くなったばかりでなく、しかも通信料金のみの無料活用できるのが画期的なのです。
仮に詳細の住所が分からない仮に詳細の住所が分からない周りでも場合でも、コンビニやガソリンスタンド、銀行や駅などメジャーな施設については単語を入力するだけで近隣店舗を検索することができます。ついでに店舗であれば営業時間や定休日も記載されていることがあり、非常に効率的です。

スポンサードリンク



さらにGoogle マップの目玉機能と言えるのが、ストリートビューではないでしょうか。被写体のプライバシーの絡みで一時期ニュースで騒がれたことで、多くの人が耳にしたことがあると思います。
その後アプリを提供しているGoogle社側が改善し、個人には ぼかし といった画像の加工が行われるようになっています。
ストリートビューの最大のポイントは、今この場で任意の行き先を立体風画像で確認できること。ワザワザ下見に行かなくても、現地の様子がすぐわかるわけですね。地図で自分がイメージしたものと実際の現場とのギャップに面食らった経験をお持ちの方も少なくないのでは?
こうした点を解消できるわけで、まさに百聞は一気にしかずと言えるでしょう。
また、家にいながらストリートビューで旅行先を歩いた気分になるのも一興かもしれません。

さらに、出発地と目的地を指定する事で二点間の距離、大まかな所要時間、ルートを表示できたり。しかも自動車、徒歩だけでなく鉄道を用いての検索もできたりします。
他にも航空写真や海外の情報など膨大な機能は、果たして使い切れるのかというほどです。

そんな Google マップですが、唯一の弱点かもしれないのが最新情報の反映でしょうか?
これは日本の場合ですが、たとえば高速道路が新たに開通しても反映されるのは当分先になること。競合アプリではリアルタイムで反映させるものもあり、Googleの課題かもしれません。

PCでGoogleMapを使用するならこちら

アプリ版、GoogleMapの最新版への更新、無料ダウンロードはこちら

スポンサーリンク



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
コメントの入力は終了しました。